アプリケーション開発

Crystal Reportsアプリケーションの開発

  • SAP Crystal Serverを使わないレポート共有ソリューションとしてカスタムアプリケーションを開発することができます。
  • Crystal Reportsアプリケーションの開発コンポーネント(SDK)は、.NETとJavaコンポーネントが提供されています。SDKはそれぞれダウンロードで入手できる次の製品に含まれています。
  • 上記の2製品ともIDE上で動作するレポートデザイナーが付属しています。このレポートデザイナーでレポート(.RPT)の作成・編集は可能ですが、機能が制限されているため、作業効率を考慮すると製品版のCR2016/2013/2011でレポート編集することをお勧めします。
  • OCXはCR9以降で提供終了しています。RDCは現在CRXI R2にのみ含まれていますが、CRXI R2の保守が終了したため、新しいSPは提供されません。VB6に対応するのはこのRDCだけです。

TOPへ戻る

Crystal Reports/Crystal Serverバージョン別機能比較表

Comparison of Features by Version For SAP® Crystal Reports® and SAP Crystal Server Software

上記機能比較表でカバーしているバージョン:

Crystal Reports 製品版(2013, 2011, 2008, XI), CR for Enterprise, CR for Visual Studio, CR for Eclipse
Crystal Server 2013, 2011, 2008, XI R2, XI

TOPへ戻る

Crystal Reports SDKコンポーネントの対応表

Crystal Reports のSDKが対応しているコンポーネントの対応・非対応をまとめた表です。 Yは対応、Nは非対応ということを表しています。
引用元:Short history and resources for Crystal Reports Software Developer Kits (SDK)

CR Version Year Release Crystal Reports SDK
    VBX OCX VCL PE API Automation RDC .NET Java
4/4.5 1995 Y Y Y Y N N N N
5 1996 Y Y Y Y Y N N N
6 1997 Y Y Y Y Y Y N N
7 1998 N Y Y Y N Y N N
8 2000 N Y Y Y N Y N N
8.5 2001 N Y Y Y N Y N N
9* 2002 N N Y Y N Y Y Y
10 2003 N N Y N N Y Y Y
11 2004 N N Y N N Y Y Y
11.5 2005 N N N N N Y Y Y
12 2007 N N N N N N Y Y
13 2010 N N N N N N Y Y
14.x 2010+ N N N N N N N N
  • 11: Crystal Reports XI
  • 11.5: Crystal Reports XI Release 2
  • 12: Crystal Reports 2008
  • 13: Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual Studio
  • 14.x: SAP Crystal Reports 2011/2013/2016

Crystal Reports のバージョン9以降では.NETに対応していますが、各バージョンの.NETコンポーネントが.NET Frameworkのどのバージョンに対応しているかという詳細については、SDNのwikiに下記タイトルの記事がありますので参照してください。

Which Crystal Reports assembly versions are supported in which versions of Visual Studio .NET

SAP Crystal Reports 2011以降にはSDK (開発用ランタイム)が含まれいません。したがってVisual Studio 2010以降の開発環境にCR2011/2013/2016のいずれかをインストールしてもアプリケーション開発はできません。

TOPへ戻る