SAP Crystal Server 製品概要

SAP Crystal Server製品概要

SAP Crystal Solutionsの構成モジュール

SAP Crystal Solutionsは3つの製品から構成されます。そしてSAP Crystal Serverには、いくつかのオプション機能がバンドルされて提供されます。

SAP Crystal Solutionsの構成モジュール

SAP Crystal Server の機能

  • データのレポート作成
  • ドキュメントのスケジュールと配信
  • データの分析と閲覧
  • 情報の表示と視覚化
  • これらすべてのタスクの管理
  • 独自のソリューションのカスタマイズ

TOPへ戻る

SAP Crystal システム概要構成

SAP Crystal システム概要構成

SAP Crystal Serverは、Javaで動作するWebアプリケーションです。従って、ブラウザのみのシンクライアントから簡単に接続/利用が可能です。
なお、コンテンツの開発は、Crystal Reports、Dashboard DesignともにC/S形式でDWHに接続するクライアントで行い、作成したコンテンツはCrystal Server に登録して管理・運用します。

SAP Crystal Server 2016 の主な変更点

  • SAP BusinessObjects BI4.2のアーキテクチャをベースとしています。
  • 従来のCALライセンスはセッションという名称で略称はCSBL (Concurrent Session Based License)になります。略称NUL (Named User License)は変更ありませんが、ユーザと呼称します。セッションのMAXは50CSBLで、ユーザは100NULです。
  • Crystal Reports, Crystal Reports for Enterprise, Dashboard Design はユーザ・ライセンスに含まれます。

TOPへ戻る