FAQ

SAP Crystal Solutions

  • SAP Crystal solutionsとは?

    SAPクリスタルソリューションは製品名ではなく製品群の総称です。

  • SAP Crystal solutions の製品構成は?

    SAP Crystal solutionsは次のソフトウェア製品により構成されます。

    • SAP Crystal Server
    • SAP Crystal Reports
    • SAP Crystal Dashboard Design
    • SAP Lumira

    また、SAP Crystal Serverを使用しないソリューションではフリーのものも含めて次の製品があります。

    • SAP Crystal Presentation Design
    • SAP Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual Studio
    • SAP Crystal Reports, version for Eclipse
    • SAP Crystal Reports viewer

TOPへ戻る

SAP Crystal Reports

  • SDK(ソフトウェア開発キット)について

    SAP Crystal Reports 2011以降はSDKが付属していません。.NET APIはSAP Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual Studioに含まれ、Java APIはSAP Crystal Reports, version for Eclipseに含まれています。SCNからダウンロードして各開発環境にインストールしてください。

  • API(ランタイム)で表示可能なレポートファイル

    SAP Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual Studio とSAP Crystal Reports, version for Eclipse にはIDE上で動作するレポートデザイナーが付属しており、これらのAPIを組み込んだアプリケーションはそのレポートを表示するのが基本ですが、SAP Crystal Reports 2011, 2013, 2016で作成したレポートファイル(.RPT)も表示できます。

  • 推奨レポートデザイナー

    OEM版SAP Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual Studio とSAP Crystal Reports, version for Eclipseに付属するレポートデザイナーは、IDE上で動作させるため機能が制限されています。レポートの編集には製品版のCrystal Reports 2011, 2013, 2016を使用することをお勧めします。また、製品版Crystal ReportsはVisual StudioやEclipseがない環境にインストールできるので、アプリケーション開発とレポート作成の作業を並行して進めることが可能です。

  • レポートデザイナーの機能の違い

    製品版とOEM版のレポートデザイナーの大きな違いとして、製品版には編集可能なプレビューがあります。その他の違いとして、接続可能なDBMSやエクスポート出力の種類は製品版のほうが多いです。詳細はバージョン別機能比較表をご参照ください。

  • レポートファイル(.RPT)のバージョンアップ

    一般的に新しいレポートデザイナーでは旧バージョンのレポートファイルを開くことができます。レイアウトを確認して、データソースやプリンタドライバなどの必要な変更を加えて保存すれば新しいバージョンで保存されます。元のバージョンには戻せないのでバックアップを取るなど上書き保存にはご注意ください。

  • レポートファイル(.RPT)の下位互換性

    Crystal Reports 2016 (2013, 2011) でオープンすることができる旧バージョンのレポートファイルは、Crystal Reports 8.0以降で作成されたRPTファイルです。DSRファイルはRPTにエクスポートしてバージョンアップしてください。新しいレポートデザイナーではDSRファイルはオープンできません。

  • レポートファイル(.RPT)の上位互換性

    Crystal Reports 2016 (2013, 2011)で作成したレポートファイルを、CR2008、CRXIのレポートデザイナーまたはランタイムでオープンすることができます。ただし2011バージョン以降に追加された新機能は表示されずに無視されます。

  • バーコードについて

    製品版Crystal ReportsにはCode39が付属しています。それ以外のバーコードはフォントを購入することで対応が可能です。製品版Crystal ReportsはQR codeには対応していません。SAP Crystal Reports, developer version for Microsoft Visual StudioとSAP Crystal Reports, version for Eclipseのランタイムはバーコードの表示は可能です。

  • ランタイムサーバーライセンスについて

    現在ランタイムサーバーライセンスは販売しておりません。アプリケーションの配布に伴うライセンスについてはこちらをご参照ください。

  • Crystal Reportsに保守契約はありますか?

    Crystal ReportsとDashboard DesignにはSAPが提供する保守サービスはありません。サポート情報やSPなどはSAPのコミュニティサイトSCNにあります。なお、弊社リオスではインシデント・サポートを提供しております。

  • Crystal Reportsユーザー登録ページ

    インストール時に表示されるダイアログやインストール後にヘルプメニューから実行するユーザー登録は、現在ユーザー登録ページが閉鎖されているためブラウザが起動してもページは開きません。ユーザー登録は不要なのでページを開いてしまった場合はブラウザを閉じてください。

  • 開始ページのオンラインリソース

    オンラインリソースの日本語ページは閉鎖中で表示しません。インターネットに接続していればCrystal Reportsを英語モードで起動すると(表示メニュー/製品ロケールで英語を選択)、英語のオンラインリソースを表示します。

  • インストールエラー INS00140 について

    Crystal Reports および Dashboard Design のバージョン2011以降でインストールする環境によってこのエラーが発生するという障害報告があります。SCNの回避策をお試しください。

TOPへ戻る

SAP Crystal Server

  • SAP Crystal Server の製品名称について

    バージョン2008まではCrystal Reports Serverと呼んでいましたが、2011バージョンからはエントリーレベルのBIツールということからSAP Crystal Serverに名称変更されました。これはCrystal Reportsのサーバー版ではありません。

  • ライセンスタイプの名称変更

    従来の同時接続ライセンス(CSBL: Concurrent Session Based License)はセッションとなり、登録ユーザー(NUL: Named User License)はユーザーとなりました。また、2016バージョンではセッションの上限は50CSBLまで、ユーザーの上限はこれまでと同じく100NULまでとなりました。2013バージョンは従来通り250CSBLと100NULが上限です。

  • セマンティックレイヤーとは

    セマンティックレイヤーは、データベースとエンドユーザーの間に抽象的なレイヤー(層)を導入して形成します。これによってデータアクセスが簡素化され、ユーザーがテーブルや結合の知識がなくてもデータにアクセスできるようになります。 セマンティックレイヤーは通常、結合のパターンなどを熟知しているデータベースに精通している管理者などが作成し、ビジネスに特化したユーザーフレンドリーなデータビューが簡単に作成できるようになります。

  • ユニバースの利用

    BusinessObjects Explorer や SAP Crystal Reports for Enterprise を使用するには、セマンティックレイヤーのUNXユニバースが必要です。SAP Crystal Serverに同梱のインフォメーションデザインツールでユニバースを作成します。旧形式のUNVユニバースはUNXユニバースに移行してください。また、もう一つのセマンティックレイヤーであるビジネスビューもユニバースに移行することを推奨します。

  • SAP Crystal Serverで対応しているのはCrystal Reportsのどの機能ですか?

    詳細はバージョン別機能比較表をご参照ください。Crystal Serverのバージョン別にCrystal Reportsの機能を確認できます。
    この表にない機能でもCrystal Reports for EnterpriseでサポートしていればCrystal Serverで対応している場合があります。BI Platformのバージョン別機能比較表をご参照ください。

  • 将来、SAP Crystal Reportsを使うときにユニバースを強制的に使用するようになるのでしょうか?

    いいえ。データベースへの直接アクセスは、SAP Crystal Reportsが持っている機能・価値のなかでも目玉的な機能なのでなくなることはありません。

  • SAP Crystal Server 2016はMicrosoft SharePoint 2013に対応していますか?

    はい、64ビットバージョンにのみ対応しています。

  • SAP Crystal Server 2016は64ビットサーバーに対応していますか?

    はい、SAP Crystal Serverは64ビットサーバーにのみ対応しています。

  • SAP Crystal Server 2016には.NETソフトウェア開発キット(SDK)がありますか?

    はい。

TOPへ戻る

SAP Crystal Reports for Enterprise

  • SAP Crystal Serverに含まれるSAP Crystal Reports for Enterpriseとは

    SAP Crystal Server 2011から提供されるようになったCrystal Reports for Enterpriseは次世代のデザインツールです。これは、より使いやすく改良されたレポートデザイナーです。このリリースを効果的なものにするため、SAP Crystal Serverのような保守契約のある製品とともにこのデザイナーを市場に投入するという段階を踏むことになりました。SAP Crystal Serverの上位製品であるSAP BusinessObjects BI Platformにも含まれています。データソースはUNXユニバース接続のみとなります。また、APIの提供はありません。

  • SAP Crystal Reports for Enterpriseで作成したレポートファイル

    製品版SAP Crystal Reports 2011, 2013, 2016のレポートデザイナーでは開けません。SAP Crystal Serverには両タイプのレポートエンジンが実装されており、どちらのレポートタイプも表示・実行が可能です。

  • SAP Crystal Reports for Enterpriseで、旧版のCrystal Reportsで作成したレポートをオープンすることができますか?

    はい、Crystal Reports のバージョン 9.x 以降で作成したレポートであれば読んで表示することができます。バージョン 8.5以前のレポートではUnicodeをサポートしておらず、SAP Crystal Reports for Enterpriseではオープンすることができません。さらに、接続するデータソースを直接接続ではなくユニバース・ベースのデータソースに切り替えるまで、レポート内のデータをリフレッシュすることができません。

  • SAP Crystal Reports とSAP Crystal Reports for Enterpriseとはどのように使い分けをすればよいのですか?

    SAP Crystal Reports(およびSAP Crystal Server内の関連するエンジン)は、直接データにアクセスするようなレポートの作成と編集に使用し、また既存のレポートを編集するのにも使用することをお奨めします。SAP Crystal Reports for Enterprise(およびSAP Crystal Server内の関連するエンジン)は、新しいユニバースをデータソースとする新しいレポートの作成・編集に使用することをお奨めします。

  • SAP Crystal Reports for Enterpriseのアクティベート(ライセンス許諾)

    SAP Crystal Reports for Enterpriseをアクティベートするには、SAP Crystal Reports 2011, 2013, 2016のキーコードが必要です。

TOPへ戻る

SAP Crystal Dashboard Design

  • SAP Crystal Dashboard Design personal edition はどこにありますか?

    2016年2月22日にPersonal edition の販売は終了しました。現在Personal editionの利用ユーザーで最新版にバージョンアップする場合はDepartmental editionへの移行をご検討ください。なお、SAP Crystal Dashboard Viewingオプションの販売が終了したため、Departmental editionで作成されたダッシュボードをSAP Crystal Serverの外側で展開して共有することはできません。

  • 64 bit Microsoft Excelの組み込み

    従来Dashboard DesignとPresentation Designは32 bit Excelの環境にしかインストールできませんでした。SAP Crystal Dashboard Design 2016とSAP Crystal Presentation Design 2016では、64 bit Microsoft Excelとともにインストールできるようになりました。

TOPへ戻る

SAP Lumira

  • SAP Lumira Personal Editionはどこにあるのですか?

    SAP Lumiraの評価版をダウンロードしてください。トライアルページへのリンクは英語版のマイクロサイトが確実です。30日間の期間限定で試用するのはStandard Editionです。試用期間が終了したらPersonal Editionとして無期限で使用できます。

  • SAP Lumira の32-bit版はどこにあるのですか?

    現在、32-bit版はありません。SAP Lumira 1.25 (2015-04-20)からリリースは64-bit版のみとなりました。これは64-bitネイティブのデータエンジンを実装した結果、1.25以降はこのエンジンだけを利用することにしたためです。

  • SAP Lumiraとは

    SAP Lumiraはビジュアル化ソリューションのアジャイル・ツールです。ビジネスアナリストは複数のデータソースを連結してユニークな洞察を素早く発見して、組織内で即座に共有が可能になります。作成は簡単です。ソフトウェアは高速データ操作とビジュアル化を連動させて、トレンドの発見や分析を可能にしてデータから得られる情報を最大限引き出すことができます。

TOPへ戻る