ライセンス情報

ライセンス情報

デザイナーライセンス

SAP Crystal Reports (レポートデザイナー)は指定ユーザ(または登録ユーザ)ライセンス (Named User License)です。
これはCrystal Reportsのレポート作成を行う人ごとにライセンスが必要ということを意味しています。たとえば2人のユーザーがいて、1本のCrystal Reportsをインストールした1台のPCを共用している場合でも、2指定ユーザーライセンスが必要になります。 また、Citrixターミナルサーバー経由で10人のユーザーがCrystal Reportsを利用するケースでは、10本の指定ユーザーライセンスが必要になります。

ライセンスについてはこちら→ SAP Crystal Solutions Licensing

TOPへ戻る

アプリケーションのタイプと配布に必要なライセンス

運用ライセンス

このセクションでは、Crystal Reportsライタイム・エンジンを埋め込んだアプリケーション・ソフトウェアとともに、ランタイムを再配布(SAPから入手したランタイムを第三者に配布)するとき必要となるライセンス規約について述べています。
アプリケーションを次の3つのタイプに分類し、利用形態に応じた必要ライセンスを示しています。

クライアントアプリケーション

ランタイムエンジンはクライアントマシン上にインストールされます。すべてのレポート生成処理はそのマシン上で、ローカルで実行されます。

サーバーアプリケーション

ランタイムエンジンは、複数のユーザーが直接的および間接的にエンジンにアクセスできるようアプリケーションに統合されています。 Windowsターミナルサーバー機能(CitrixやMicrosoft リモートデスクトップなど)を使ってインストールしたクライアントアプリケーションは、サーバーアプリケーションとみなされます。

商用ホスティング・サービス

アプリケーションにアクセスするごとに課金される場合、サーバーアプリケーションは商用ホスティング・サービスの一部であると考えられます。クラウドやASPサービスなどがこれにあたります。

APPタイプ利用形態 クライアント サーバー 商用ホスティング
社内 フリー フリー OEM契約
社外 フリー Crystal Reports 製品版*1 または OEM契約 OEM契約

*1 サーバーアプリケーションをランタイムとともに配布する場合は、アプリケーションに組み込まれたコンポーネントと同等のランタイムを含む製品版のCrystal Reportsを購入することが、サーバーアプリケーションの利用条件となります。

TOPへ戻る